賃貸でお部屋を借りるときは室内のココをチェックしよう

>

意外と見逃しがちは水回りのチェック

蛇口という蛇口はすべてあけてみる

キッチン、浴室、洗面所、トイレ、水が出る場所は、すべて流してみましょう。
意外に、思ったより水圧が低いという場合があります。もちろん、ジャージャーと無駄遣いはよくありませんが、全開にしてもチョロチョロとしか出ないのでは困ります。
また、トイレも流してみるのは勿論のこと、タンクの中も確認しましょう。
トイレ自体はきれいでも、手入れが悪いとタンクの中にカビが出ている場合があります。また、トイレの水を一度使うと再度貯まるまでに何分もかかってしまう場合があります。ひとり暮らしならそれでもまだよいかもしれませんが、家族がいると毎朝トイレが大渋滞という惨事になりかねませんので、要注意です。
高層階の場合、上に行くほど水圧が弱くなることが考えられます。
居住者がいない場合、水栓が閉まっている場合が多いですが、殆どの場合あけてもらうことが可能ですので、気になるポイントはそのままにせず、必ずチェックしておきましょう。

出した水はちゃんと流れるか

キッチンのシンクは下の扉を開けると、排水パイプがあります。
目で見える範囲で、劣化が著しくないか、水漏れはしていないか、また、水漏れした痕跡がないかを確認しましょう。
キッチン、トイレ、洗面、浴室、すべてにおいて、水はけの様子も確認しましょう。
詰まっていたり、同時に、ゴボゴボ異音はしないか、排水溝から異臭はしないか。
さらにベランダがある場合は、雨水などの水はけがよく、清潔に保たれているかどうかも確認しましょう。自分のうちのベランダから浸水してしまうようなことがあると大変です。
生活の中で一番なくてはならない水まわりのチェックは、生活のストレスを少なくするためにも十分すぎるくらいにチェックすることをオススメします。