賃貸でお部屋を借りるときは室内のココをチェックしよう

>

賃貸物件を借りるときの内見チェックポイントをご紹介

計れるところはすべて計ろう

まずは玄関ドア。パッと見て、十分だなと感じても必ず計りましょう。
室内の他のドアも同じくですが、開けた状態で計らないと意味がありません。
ドアの厚さ、ドアノブの幅の分も計算に入れないと、玄関や、その先の廊下の幅は正確に測れません。
ドアノブが邪魔で家具が入らない!ということにもなりかねませんので要注意です。
クローゼットやシューズボックスのドアも必ず開けて計りましょう。
丈の長いコートの裾が折り畳まってしまったり、大切なブーツを真っ二つに折らないと入らないということのないように、収納の中のサイズも要チェックです。
また、洗濯機置き場に自分の洗濯機が収まるどうか、冷蔵庫は収まるか、ベッドははいるのか、その置き場がだいたい決まっている場合はそのサイズの確認もしましょう。
また、コンセントや電話、テレビなどのジャックの場所も、家電のケーブルが届かないということのないように気をつけましょう。

幅木も見逃さないで

窓のサイズももちろん測りましょう。
カーテンのサイズが違って、ちょっと短かったりすると、プライバシーが守れないということになりますし、防犯上もよくありません。
きちんとあったカーテンを用意するためにも窓のサイズは必ず測り、同時にカーテンレールの数も確認。薄手のレースカーテンなど複数のカーテンが必要かどうかチェックしておきましょう。
また、見逃しがちなのが幅木の存在です。壁と壁の間にあるちょっと出っ張った部分。
これも計算に入れておかないと、思い通りに家具、家電を設置できないということにもなりかねません。そこまで気にしないという場合もありますが、念のために幅木を気にしながら部屋のサイズを計ることをオススメします。